資金繰りの悪循環

事業をやっていると常に神経をとがらせていなければならないものとして資金繰りがあります。

会社が傾いたり倒産したりという原因のほとんどは、運営資金が一時的に不足してしまい、つなぎの融資が思うようにメインバンクからおりなかったり、経営者が焦って条件の良くない借金をしてしまう事だと言います。

条件の悪い借金を抱えてしまうと、その支払いに追われて事業内容の改善などは二の次になり、当然ながら売り上げは悪化の一途をたどります。

ついには自転車操業に陥って資金ショートという悪循環なのです。

ここ最近は、資金繰りに行き詰りそうになったら融資を当てにしないでファクタリングという方法で資金調達をする企業が増えているそうです。

会社や商店を経営した経験の無い方にはなじみのない言葉かもしれませんが、ファクタリングサービスで支払期限前の売掛金を買い取ってもらうことで現金を調達する方法の事です。

これには売掛の他に、病院の診療報酬や介護報酬などでも同様の事が可能である為、借金では無く前借りと考えると理解しやすいかと思います。

前借りですから返済する必要がなく、初めに書いたような支払いの為に追いつめられるという悪循環の元を絶ってつなぎの資金を手に入れることができるのです。

今年の春にレーシックを受けて長年の眼鏡生活からオサラバしようと計画しています。

ただ、やっぱり目をいじるのは怖いという気持ちと、レーシック費用の問題があり、なかなかカウンセリングまで踏み出せない自分が居ます。

ネットでレーシック費用を比較しているサイトを見つけて、おおよそ15万円から25万円の範囲で収まることは分かりました。

友人が50万円くらいかかったと言っていたのですが、何年も前の事ですので技術の進歩でコストが下がったのでしょう。

20万円前後の費用ならすぐに受けることもできると思いました。

価格の他に重要なのはアフターケアであると思いますので、その点はまず病院の方針を確認しつつ、実際にレーシックを受けた人の体験談を細かくチェックしました。

手術までの流れの他に術後最低3か月は記録がある方が良いと思い、口コミサイトの他に個人ブログもチェックしています。

手術は多くの人が書いている通り、片目ほんの数分、全工程で1時間もかからないようです。

目に直接触れずに角膜にエキシマレーザーという光を当てるという術式も恐怖感を和らげてくれます。

ここまで来たらあとはカウンセリングを受けに行くだけですので、来週は思い切って病院に予約を入れてみようと思います。

医師の求人

バブル崩壊、リーマンショックと日本経済を揺るがす事態が起きる度に日本のサラリーマンには当たり前であった「終身雇用」が大きく揺らぎ(リストラの前に窓際族なんていう飼い殺しのポストもありましたが…)、昨今では「転職によるキャリアアップ」を考えるのは普通の事という欧米的な考え方が珍しくなくなりましたよね。

私はフリーランスや新卒の社会人と触れ合う機会が多いのですが、当たり前のように専属契約や就職後すぐにもっと良い条件の仕事を探している光景を目にします。

私の学友にはドクターや医療関係の仕事についている人間もいますが、正直一般人にとってそういった職業の就職や転職って謎な部分があります。

少なくとも、医師が求人情報を見て応募するようなイメージというのは全然ないのですが、ネットが普及した現在、同じクラスタ同士では結構おおっぴらに求人を出しているところもあるという事を最近知りました。

というのも医局を退局した医師である友人が、ネットでクリニックの求人ページ「参考 院長が答える医師求人募集QA(医師求人募集、転職なら、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック)」を見て応募していたからです。

もちろん転職エージェントの居るドクター転職サービスにも登録しているそうですが、クリニックなどで直接ドクターを募集しているところなどは一通り目を通していて、そこから面接を受けて勤務するというのもアリなのだそう。

私からすると医者や弁護士というのは、そういった仕事探しと無縁だと思っていたので少々意外な事でした。

お腹のぽっこりは内臓下垂?

気になる身体の部分と言えば私の場合はぽっこりお腹です。

春頃から何とかお腹をへこませようと腹筋をしていますが、半年以上経過してお腹の上の部分はかなり引き締まったのですが、下の部分は変わらず、虫と上の部分が引き締まった分ぽっこり具合が目立つようになったかもしれません(T_T)

ダイエットの為に継続してここまで長く続けたことは無かったのでショックは大きかったです。

そこで私は根本的にやることを間違っているのではないかと思いはじめ、ぽっこりお腹 ダイエット について自分なりに調べ直してみました。

すると、お腹が出る原因というのは数種類あり、どうも私の場合皮下脂肪が原因ではない様なのです。

そこでもっとも私の年齢に多いと言われる内臓下垂(ないぞうかすい)を疑ってみました。

筋力の低下で内臓が下に下がってきてしまう症状のようで、これだと腹筋などの外部の筋肉を鍛えてもぽっこり部分にはあまり意味はなく、根本的なインナーマッスルを鍛えて内臓を引き上げるようなエクササイズが必要という事でした。

少なくとも来年の夏にはこのお腹が気にならなくなっているといいなという願いを込めて、早速ネットで体感トレーニングの動画を見ながら、新しいエクササイズを始めています。

父の勤めている会社では、建設関係の技術者がたくさんいて各企業の現場に週単位で短期間出向する事がよくあるそうです。

先週偶然ですが、父の会社の人が売りの勤め先の新しい営業所の現場に来ていて昼食をご一緒しました。

その時に、「この会社の現場の事務所の鍵なんだけど、ナンバーロックの番号を教えられて勝手に入って待機できるのはいいけど、出向する人全員にロック番号を教えていたら防犯上まずくないかい?」と言われました。

確かにそうだなと思ったのですが、その時は私も現場の方の事は分からないとだけ言って会社に戻りました。

先ほど総務の人にそのことを話したところ、「スマートロックのワンタイム番号だから大丈夫」との事でした。

私からすれば「?」という話なのですが、よくよく聞いてみるとうちの会社の仮事務所の鍵はすべてネットで遠隔操作できるスマートロックとの事で、現場にWifiが整備されていればドアの鍵の部分を本社から管理できるんだそうです。

この機能はビジネス用途向けに販売されているLockState社のスマートロックでしかできないので、それ以外の鍵はアプリで開閉できるだけだと教えてくれました。

翌日その話を父の会社の人に話すと、すごく感心した様子ですぐにネットでLockState社のセキュリティーについて調べていました。

その人も技術者なので、そういった最新の設備にはとても興味があるようでしたね。

現金の都合をつける方法!?

私は営業部に仲の良い同僚がいるのですが、部署が違うのでたまに飲みに行く約束をすると数軒はしごする事も珍しくありません。

その同僚は独身という事もあってか結構派手にお金を使う性質で、ちょっと給料日前で金欠という時でも誘いに乗ってきます。

先日の金曜日はお昼に私が本社から営業部のある事業所に行く仕事があり、上がったら飲みに行こうという事になっていました。

お昼にはすでに事業所に着いたのですが、その時彼はなにやら携帯を操作していました。
なんとその友人、お盆休みでお金を使いすぎて今お金を作っているというのです。

そんな事なら誘わないのにと思ってスマホを覗いてみると、クレジットカードの現金化サービス(https://sma-gift.com/ 参照)というものを利用していました。

驚いたことにお昼休みが終る頃に事業所前のコンビニのATMで先ほど現金化したお金を引き出していました。

え!?さっきの操作でもう振り込まれたの?

話を聞いてみると、クレジットカードのショッピング枠でギフトを購入し、それを買い取ってもらうという建前の為、基本オンラインショッピングと同じという事でショッピング枠さえあればすぐに振り込まれるのだそう。

それにしても10分ほどで数万円のお金の都合がつくというのは、それが良いか悪いかは別にして凄い事だと思いました。