人脈とラウンジ

今年の1月に慰安会で沖縄に行ったときに普段は仕事以外で接点のない部長以上の役職と二次会以降もご一緒する機会がありました。

慰安旅行という事と、普段とは違う環境という事もあり緊張することなくかなりざっくばらんにコミュニケーションが取れたと思うのですが、その時にふとある疑問が生まれました。

基本的に都内の支店合同で飲み会があるときも顔合わせをすることがありますし、行動範囲もさほど変わらない(本社と支店のある六本木、恵比寿、西麻布付近)と思います。

しかし、週末に繁華街のお店でばったりという話は聞いたことがありません。

そのことを部長に話すと、どうやら会員制のラウンジやクラブといった少し敷居の高いお店に移動するので私たちとバッティングすることがないのだそうです。

ラウンジというのは私は全く言ったことがないのですが、管理職以上だとお供をしたことがあるようで、入会金が普通のサラリーマンでは厳しい額だったり、社会的地位などを基準にした審査があったりするようなお店です。

経営者に近い人間が一般社員と線引きをするためにという事もあると思いますが、そういったお店は同じクラスの企業の役員や業界人が集まる場でもあるので、ビジネスコネクション(人脈)つくりという一面もあるのかなと思いました。

お店のイメージ映像を電子サインボード(液晶ディスプレイボード)に移しているのですが、スライドショーに使用している画像がいくつかネットから勝手に持ってきたようなものがあり、ちょっとまずいのではと思いました。

映像は手が空いているスタッフがささっと写真を集めて作ったものらしいのですが、案の定商用利用不可のイメージでした。

HDやそれ以上のフォトストックが1枚数万円という価格だったため、適当にフリー素材を使ったようなのです。

しかし、フリーとはいっても大抵の素材は個人利用に限っていますし、昨年もフリー音源を芸人さんが勝手に使って問題になりましたよね。

そこで、手ごろでよい案はないかと模索していたところ、デジタルサイネージコンテンツ専門業者にたどり着きました。

アーティスト素材やイメージ、テンプレートも高画質フォトストックより安く、ちゃんと画面に合わせたコンテンツを格安で制作してくれます。

試しに申し込んで5分ほどのコンテンツを確認しましたが、素材問題もクリアーなうえにさすがプロという仕上がりで見栄えが全然違うのです。

やはり、こういった専門業者の場合、サービスを絞って提供することで質を下げずに料金の負担を減らすコストダウンに成功しているのでしょうね。

整体へ

10月の中旬あたりから気温がぐっと下がってきたこともあり、体調には注意をしていますが、冷え込むと首から腰にかけてじわじわとコリが広がっていきます。

運動不足という事もあるのでしょうが、この時期は二時間も座っていると腰痛が出始めて立ち上がってストレッチをしたりします。

今年はその痛みが特にひどく、素人が手で触っても判るくらいガチガチなのでこれは何とかしなくてはと思いました。

昼休みにスマホで横浜市の整体を探して、できれば通勤路線近くがいいなと。

瀬谷区付近でをいくつか候補に挙げて、最終的に腰痛のプロがいるというあくわ整体院に電話してみることにしました。

場所は最寄バス停のすぐ近くなので帰りに寄れそうです。

ネットを見るとかなり混んでいるようでしたが、運よくその日は19時で予約を取る事が出来ました。

私は今までリラクリゼーションマッサージや、海外旅行の際にアジア式整体を少ししてもらったことがある程度でしたが、本格的に治療と称して施術をしてもらうのは初めての事でした。

首肩に関しては初回でいきなり効果が表れてとても軽くなり、腰についてはじっくりと治療をしてきましょうと言う事になりましたが、出始めていた鈍い痛みがすぐに軽くなったのを感じました。

親戚との確執

私の母方の親戚は大阪や兵庫なのですが、高校生の時以来一度も親戚の集まりに行きませんでした。

というのも、私が高校生の時にちょっとやんちゃをしていた時があって、髪を染めてお盆に母と実家に行った際に叔父や叔母から注意されたからです。

その時に教師だった新見叔母さんだけが私をかばってくれました。

それから年月が過ぎ、その叔母が無くなったのを知ったのが社会人9年目の初夏、ちょうど昨年の七月でした。

母から訃報を聞かされて私はすぐに駅に向かっていました。

ギリギリ大阪行きの新幹線の最終便に乗れたので、それを母に連絡すると駅まで迎えに来てくれるとの事でした。

駅から車で大阪市立北斎場へ向かう途中、大阪の親戚たちとどういう顔をして合えばいいんだろうと思っていました。

北斎場は叔母の家からすぐの天神橋筋六丁目駅からほど近い場所にありました。

広い駐車場には二台バスが止まっていて、車から降りて施設に向かう間も親戚との確執の事ばかり考えていました。

しかし、出迎えてくれた叔父や叔母たちはついこの間遭ったかのように私を迎え入れてくれ、私だけが昔の事を根に持っていた事に気が付きました。

その後、新見叔母さんが無くなったんだという事を実感し、とめどなく涙があふれました。

叔母が親戚とのわだかまりを解く機会を与えてくれたような気がしました。

お金を作る方法三択

以前どうしても早急にまとまったお金が必要になった時に、友達に借りるか、消費者金融で借りるか、クレジットカードのショッピング枠を現金化するかで迷いました。

友達に借りる事は初めに考えましたが、13万円という額でしたのでちょっと身構える額ですし、後々の人間関係の事を考えてやめておきました。

消費者金融は無人契約機が会社の目の前にあるのですが、カードを作ってしまって借金癖が付いた人を知っているのでなるべき避けたい方法です。

クレジットカード現金化は、以前後輩がネットのサービスを利用していて要領は知っていました。

私が持っているカードは、ETCカードにクレカ機能が付いたものと百貨店で大きな買い物をした際に作ったカードでキャッシング枠は申し訳程度に5万円あるだけです。

ショッピング枠は50万円以上残っていますし、3分割までなら手数料無料だったのでこれで今月と来月、最後にボーナスで返せばいいかという事で、カードの現金化を利用する事にしました。

ホームページの表示と還元率が極端に高いサイトは、要注意だと思い、条件毎にちゃんとパーセンテージを表示しているところに電話で連絡をして、条件をしっかりと聞きました。

ココなら良いだろうと思った会社のホームページで申し込みをすると、30分後にはしっかり振り込まれていましたので、使い方を工夫すれば本当に便利なサービスだと思います。

私は趣味で、自分の生活とかけ離れた興味深い事をネットで調べてブックマークフォルダーを作ったり、テキストにまとめたりすることがあります。

ニュースになっていた事を興味本位でまとめることもありますが、例えば高級車と六本木セレブの関係…

六本木のIT社用がインスタに上げている高級車のほとんどは、試乗期間が長いスーパーカーで、高級なほどその期間が長いとか、購入してすぐ売った場合に実際100万円も差額が出ないカラクリなど、ちょっとした飲みの席や商談の合間の雑談で使えるネタが豊富だからです。

話題としてちょっと猥雑な感じの豆知識が好まれるのはお酒の席だからでしょうか?
最近ネットに進出してきた高級交際倶楽部などの情報も「違う世界を覗いた」という感じがするのか皆興味津々です。

いわゆるデートクラブというものですが、インターネットが無かったら週刊誌くらいしかその名前を聞くことも無かったのではないでしょうか?

なにせ、会員になるにはそれなりの収入や地位といった審査がありますし、女性も若いから、綺麗だからという理由だけではエントリーできないという、成功者の遊び場がどんなものなのかを垣間見る事ができます。

ゴシップ誌でセレブのスキャンダルを読んで、こんな世界もあるんだ~と刺激を受けるのと似ていますね。