Archive for 11月, 2013

MT4

FXを色々やってきましたが、なかなかこれと言った利益が出なくて、止めようかと考えていました。
そんな時に見たのが、MT4を利用できるFX会社でした。

MT4を使えば勝てるという話を聞いたことはありました。しかし設定が難しいという情報もあり、初心者に近い私が勝てるかどうか不安がありました。

これでダメならFXを止めようと思い、最後の手段としてMT4を使ってみました。

MT4の設定はインターネットサイトを見ながら行いました。
EAと呼ばれるプログラムを使わないと機能しないとのことだったので、色々探しました。特に勝てる奴を重点的に選びました。
FX自動売買のブログなどは毎日チェックしました。

デモ口座を利用して何度テストを重ねて、実践することにしました。負けるのが怖かったので、いきなりは無理でしたね。
準備が整ったところで、ある程度のお金を入れて、MT4を利用した最後の大勝負に臨みました。

すぐに売買が始まりました。私は見ているだけなのでただ祈るだけです。

暫くすると、1回目の売買が終わっていました。利益はほんの少しだけ出ていたようです。

2回目の注文が行われた後に、買い物に出るため外出して放置していました。
帰ってくると、口座が数万円増えていました。

MT4を利用したFXは成功でした。上手く動いてくれたようで、しっかりと利益を確保することが出来ました。
おそらくこれが無かったら、もうFXを止めていたことでしょうw

ホームページ作成

故郷に住む叔父夫婦が、家業の酒屋とお店の横のプレハブで作っている燻製おつまみをネットで売りたいと相談されました。

私も、ネットでブログをやっていると言っても、ブログシステムは会社の後輩にインストールしてもらったものを、無料のテーマに替えているだけですし、ホームページとして機能させたりテーマをカスタムしたりという事はできません。

一応、レンタルカートに写真と値段を入れてあげてネットから買い物をできるように箸たのですが、これもレンタルのサブドメインで説明通りに商品を入れただけなのでかなり味気ないのです。

そこで、安いホームページ作成のサービスを探して、ページを作ってもらい、買い物はレンタルカートにリンクを張ればいいんじゃないかと提案しました。

サービスを探してメールをしてみましたが、「商用ホームページですね、一度お会いしてその時に見積もりをします。」という感じで、嫌な予感がしたので参考価格を聞くと、商用サイトで30万円+宣伝費20万円+維持費1回更新5000円etcetc… これでは叔父夫婦の酒屋がネットのおかげで傾いてしまいそうだとお断りしました。

その後、コンサル、サポート3か月付きで中小企業のサイトを作成する、会社ホームページ作成.comというのを見つけて叔父名義で申し込むと、10万円以内の予算で綺麗なホームページを作ってもらえました。

hp

出来たサイトは、プロに頼んでよかったと思えるもので、叔父が更新作業になれるまでしっかりサポートしてもらったそうです。

木箱

私は木製のインテリアやキッチン用品をそろえる趣味があります。
木製のインテリアや食器というのは欧米でもアジアでも独自の工芸文化がありますが、私が集めているのは日本の木製品です。

同じ気を使ったものでも、アメリカの物は重厚で、ヨーロッパの物は繊細ですが塗装や細工が趣味に合いません。
アジアの物では中国と日本の物ではやはり大きく違います。

やはり和風。
ほとんど木目をそのまま処理して、隅々まで丁寧に作られている印象があります。

車ダンスなど重厚なものもありますが、無駄を省いた造形とその丈夫さは折り紙つきです。(手入れさえしていれば百年前の物を普通に使用できます。)

お弁当箱や食器も木箱(折箱)を、老舗の製造販売元からネットで直接購入しています。
元々、高級な料亭のお土産や弁当などに使われる容器ですから、薄いのに丈夫で何度も使用できます。

それでいて価格は数十円から数百円。

最近では現代的にアレンジした折箱でケーキを焼いたり、おしゃれな食器として提案しています。

スーパーで買ったお惣菜でも、3~4種類を木箱にうまく並べてみると、高級な割烹料亭のメニューのような見栄えになり、週末にはちょっと贅沢気分を夕食を楽しんでいます。

XLARGE

社会人になってからあまり滑らなくなったのですが、私はSK8(スケートボード)が趣味で学生の頃は、スケーターが集まる公園とその裏のストリートで毎日のように滑っていました。

この頃、運動不足だなぁと思ってランニングを始めたのですが、自宅の裏の土手沿いのコースを走っているとところどころにとんでもなく攻め甲斐のありそうなコンクリートのバンクやカーブが目につきました。

草に隠れていてサイクリングロードからは見えませんが、ランニングをしている土手の上からはよくわかります。

しかも、誰も使っていません。

「サラリーマンだからな」と、しばらくの間はその場所を横目に見ながら我慢していましたが、ある日倉庫からenjoyのボードを引っ張り出して滑りに行きました。

ランニングついでなので、ウェアを着ていましたが、久々のスケートで何度かまくれて(転びそうになって)しまいました。

ちょっと考えて、今着ているランニングウェアに穴が開いたら厳しいなと思い、ネットで厚手のパーカーとシューズを購入する事に。

ヤフーストアを一通り見たら7-sevenというストリートウェアのショップがよさそうです。

XLARGEの厚ぼったいパーカーは若干大きめのサイズを選びます。
フードが頭部の保護にもなるし、腕の部分が長めで手のひらを保護する事が出来ます。

シューズは、直ぐボロになるのでセールになっている物からサイズの合うものをチョイス。

あとは、あの隠れスポットへ行く事を夢見て届くのを待っていますが、こういうワクワク感は久々なので不思議な感覚です。