Archive for 1月, 2014

士業

士業というと、日常で何かトラブルでもなければご厄介にならない職業ですが、私は普通に暮らしていておおよその士業の先生に何かしらの依頼をしたことがあります。

社会保険労務士と行政書士については、以前私が勤めていたブラック企業と呼ばれる職場に対して賃金の支払いを求める手続きと相談にそれぞれ依頼しました。

司法書士については、名古屋に住む祖父の財産相続の時に遺言書の処理と、預金の手続きの時に、父の手伝いとして依頼した経験があります。

遺産の分割についてトラブルがあったわけではありませんが、預金と不動産の分割がとても複雑だったため、専門家に相続手続きをすべて任せる事にしました。

弁護士はさすがによっぽどのことが無い限り依頼することは無いだろうと思っていたのですが、昨年末に居住しているマンションの駐車場内での追突事故で、相手の対応があまりにも悪かったためにきちんとした対応を望むという事で依頼しました。

ご近所付き合いでナアナアな部分があったので、こう言う事で専門家を建てることは無いだろうなと思っていたのですが、ナアナアなだけにこちらの損害が大きいのにちゃんと修理をしてもらえない状況になったからです。

さすがにご近所さんと言っても、10万円前後の修理費をうやむやにされそうになったので仕方のない事でした。

マッサージ

インターネットには様々な専門知識を持つ人が役に立つ情報やスキルを無料でアップロードしていますし、それを容易に検索してみる事も出来ます。

ただ、「パソコンのケースの開け方」や「携帯の設定方法」など、誰がやっても目的を達成できる情報と、「美脚マッサージ」「ダイエット方法」など、人によって、またはする人によって効果が区々の情報があります。

一番ガッカリしたのは、整骨院の先生の教える小顔矯正マッサージというブログのコーナー。

マッサージの為の手の作り方や、施術ポイントが書いてあるのですが、内容が…。

例えば、おでこのしわ取りなら、しわを伸ばすように矢印があってその通りマッサージ、頬の弛みなら上に向けてマッサージ…..って!そんな事、素人でもやってますよ!

気になるしわやたるみを逆方向にマッサージしましょうという情報が数ページにわたって書いてあるのを見て「専門家が書く事じゃないでしょう?」とわが目を疑いました。

しかし、質の高い情報の倍以上がこう言う適当過ぎるものなのです。

私の場合、そのブログにげんなりして、結局 「小顔矯正 大阪」で検索して駅近くの有名店に行きました。

行ってみてやはり、マッサージなどの施術は素人が自己流でやるのは意味が無いんだなと思いました。

レーシック成功

私の家族がレーシックを受けて視力を回復しました。
視力が落ちていったのは10代前半だったらしいのですが、ずっと眼鏡をかけている生活でその後コンタクトレンズに切り替えて生活をしていました。

でも、コンタクトレンズを毎日取り替えるのも、毎朝起きるときに目が覚めてもコンタクトレンズをするまではぼやけてしまっているのでよく見えないという生活を送るのはかなり彼にとって苦痛のようでした。

レーシックの事をネットで調べて、口コミが高評価のクリニックで手術を受けることにしました。

初めは治療費の相場もわかりませんでしたので、レーシックの価格比較サイトを参考にしました。

そこで都内のクリニックに受診することを決め、早速予約をし、初めてのことなので、まずはカウンセリングやどんな手術なのかの説明を受けました。

そして、レーシック手術を受けることを決め、術前検査をその日に受けました。

術前検査は角膜を開くことができる厚さなのかの検査で光を目に当てられてしまうのでその日夫は目がチカチカすると言っていました。

その後、夫の目は視力が2.0まで回復することができると言われ、無事に手術を受け、その後約一ヶ月くらいクリニックに通いました。

レーシック手術費用の中には手術費用だけではなく、術後に服用する薬や目薬の代金も含まれていましたので、支払いは一度だけで済みました。

夫の目は順調に回復し、コンタクトレンズ使用時は0.03くらいの視力が本当に1.5以上に回復していました。

本人曰く、嬉しかったのは朝目が覚めたときに眼鏡やコンタクトレンズを付けなくても景色がはっきり見えた瞬間だったと言います。

本当に視力が回復するというのはこんなにも世界が変わるものなのだと言っていました。