Archive for 4月, 2014

歯医者

歯医者に行くきっかけは人それぞれだと思いますが、一番最近通ったのは、右側の上の歯がどうにも痛く我慢するのも辛いので歯医者に行くことにしました。

大抵の人は歯医者さんが苦手だと思いますが、痛みには耐えられず、近場(千歳烏山)の歯医者さんを探しました。

私は子供の頃から虫歯がありません。
なのでクリニックには歯のクリーニングのために行きます。コーヒーが好きな夫は歯に着色汚れが付きがちです。

汚れが気になってくると「ちょっと歯をキレイにしてもらうか」とすぐに予約を入れます。
夫にとっては歯医者に行くのは「そろそろ髪が伸びて来たから切ってもらおうかな」と美容院に行くくらいの感覚みたいです。

2歳の息子は歯がたくさん生えて来たのをきっかけにフッ素を塗ってもらうために行きました。

フッ素を塗ってもらうのは虫歯予防のためで、私が子供の頃はこんな予防方法は無かったなと思います。

こうしてみると家族でも歯医者に行くきっかけって皆違いますね。

私も今度からは歯が痛くなるまで待たずに、歯医者さんから定期健診の案内が来たら行こうと思います。

女子力UP整体

名古屋に姉が、住んでいる場所(中区栄)近くで、骨盤矯正、小顔矯正、などの美容整体マッサージをやっているお店を探してほしいと言われて、しぶしぶ美容関係の口コミサイトを探し始めました。

しぶしぶというのは、今年の正月明けに出費が多すぎて2月に妹に生活費を借りているので、それ以来何かと頼みごと(というよりかは小間使い)をされているのです。

当然渋れば、「じゃあお金返して(ニッコリ)」となるので、こちらは笑顔で引き受けなくてはいけません。

まあ、探してみれば簡単で、口コミでいくつかのお店をピックアップした後、 整体 名古屋 でgoogle検索したら、おおよそ評判の良い順にgooglemapに整体院が表示されています。

からだ工房というお店の”女子力アップ↑コース”は、オイルフットマッサージ、リンパマッサージ、美容整体、骨盤矯正と一通りの施術がセットになっており、小顔矯正も別メニューであるようです。

姉にそのお店の電話番号と地図を送って、何気なくそのホームページのFBアカウントを見ていると、「この先生面白いなー」と読みふけってしまいました。

特に、YOUTUBEの動画が、専門的な知識をわかりやすく、というか、笑ってしまうような企画で説明をしていて、お客さんの反応も良く、本当に腕が良いんだろうなというのがよく判ります。

ちなみに名古屋の繁華街といえば、栄地区ですが、名古屋文化を楽しみたいのなら、下町情緒あふれる大須商店街がおすすめです。

栄から歩いて行くこともできますが、名古屋駅からでしたら、地下鉄の鶴舞線大須駅で下車すると大須観音の目の前に出てきて、そこから商店街が大通りで3本に伸びています。

商店街のお店は洋服屋さんが多いですが、古着屋も多くあります。
古着もアメリカ系のお店だけでなく、ヨーロッパ系のお店もあり、とてもおしゃれです。

そして、名古屋の秋葉系のお店もあり、電気街もありますが、いわゆるオタク系のお店も多く、
年に一度、商店街ではコスプレパレードもあるのです。

昔ながらの和菓子のお店もありますし、地元の激安スーパーもあります。
新しい店と古い店が入り混じって、とても面白いです。

有名なイタリアンレストラン 「チェザリ」の本格ナポリピザは外せません。
開店と同時に行列ができますが、ならぶ価値ありです。

また、世界のいろんな料理も楽しめるのも大須商店街の魅力です。
台湾や香港料理のお店もありますし、もちろん名古屋名物ひつまぶしのお店もあります。

商店街を抜けて、矢場町の方へ向かえば、味噌カツで有名な矢場トンの本店も商店街の近くにありますし、
とっても辛いラーメンで有名な台湾ラーメンの味仙(みせん)もあります。

名古屋でちょっと面白いところに行きたいと思われる方にぜひおすすめします。

事業の急成長

北海道に就職して5年後に脱サラし、札幌で一昨年個人事業を立ち上げた友人が昨年末に法人になったそうです。

一昨年の冬に北海道初&最大規模のベンチャー・スタートアップの展示商談会「北海道ベンチャー・スタートアップEXPO2013」に出店し、翌年から事業が急成長したそうで、このチャンスを逃さないようにと、かなり急に法人化を進めたと言っていました。

税務相談をしていた札幌の税理士事務所が、法人設立を得意とした専門のパッケージサービスを行っていたため、手続き的には2週間ほどで会社になったようですが、それからは融資や助成金で資金を集めるのに奔走して気が付いたら1年があっという間に過ぎていたと言っていました。

彼の地元は同じ北海道でも、かなり北の方である為、札幌まで出てきている知人も少なく、脱サラ組2人で何とか仕事を回して今は社員6人にパート複数の体制との事。

本年度に入って、かなりの業績となったため、税務顧問の契約をしていなかったら今年は大変なことになっただろうと行っていましたが、確かに個人事業から規模がゆうに10倍と言ったところですので、素人考えで会計を処理していたら大変な税金がかかったろうと思います。

ようやく一段落して、大学時代の伝手を回って挨拶回りをしているとの事で、旧知の学友の私と夕食をしながら、「ほっとした」と言ってくれたのがうれしかったです。

石川県の観光

北陸は、石川県、福井県、富山県の三県ですが、今日は石川県について紹介しようと思います。
金沢については、それこそ山のように詳しい観光、グルメ情報サイトがありますので少し別の場所の事を書いて見ようと思います。
私が行ったことがあるのが、まず和倉温泉です。

能登半島のふもとにあり、温泉も楽しめますし、日本海を楽しむことができます。
全国的に有名な辻口シェフの地元で、和倉温泉にも辻口シェフのお店があります。
美味しいスイーツを食べながら、日本海を眺め、その後温泉という流れがオススメです。
ちなみに、そのお店のそばには足湯ならぬ手湯ができるちょっとした公園のような場所があるのですが、温泉を飲むことができますし、温泉卵も作れます。

和倉温泉のそばには能登島があり、橋を渡って能登島まで行けばのとじま水族館があります。

北陸の中では一番大きな水族館です。

さらに、能登半島を北上していくと、千枚田があります。
これは棚田です。

海のすぐそばの急斜面にあるのですが、絶景です。
イルミネーションをやっている期間もあります。

そしてもっと北上していくと、道の駅があるのですが、昔ながらの製法で塩を作っている地域があるのです。

私は能登半島に行くと必ずその塩を買います。
すごく美味しいんです!唐揚げにつけて食べるととても美味しい塩です。

北陸は田舎なイメージがありますが、田舎だからこその絶景が見れますし、食べ物も美味しいですよ!

結婚式のスタイル

結婚式も、パターン化されている部分があり、参列する側としても、おめでたいことではあるのですが、飽き飽きしてきてしまっているのが本音です。本人達にとっては、人生で最初で最後の一大イベントですし、そのための準備も忙しい中、頑張ってきたことと思います。私自身も、都内のチャペルで挙式をし、披露宴を行ないましたので、その気持ちは良く分かります。

先日、大学時代の友人の結婚式に参列してきました。新郎側で行ってきたのですが、新婦も後輩だったので、よく知っています。

二人の結婚式は、一風変わったものでした。かしこまった式ではなく、人前式でした。二人で、参列者の方を向き、誓いの言葉を読み上げていました。

一年に一度は旅行をする、毎日一回はありがとうと言う、お互いの存在を当たり前だと思わずに日々感謝する、といったような内容でした。

こういった形式の結婚式は初めてでしたが、心がほっこりと温まる感じがして好感が持てました。普通に挙げる式よりも、より二人のことを身近に感じることができましたし、心から幸せを願うことができました。

結婚式のエンドロールビデオも、お互いが作ったものをその日初めて見せ合うというもので、双方が驚きと感動で親御さんよりも号泣していました。

も、もっとくだけても良いと思います。形式も大事ですが、二人の幸せな様子を楽しく見ることができるのであれば、形はどうであれ、参列者の心に残る式となるでしょう。