数年前に念願の新築一戸建てを35年ローンで購入しました。それまでは賃貸マンションで生活していた為、一戸建てに強い憧れがあり特に調べもせずローンを組んでしまいました。

今までの賃貸マンションの家賃が7万円ほどだったので、ローン返済もそれぐらいなら返していけると思い月々のローン返済を7万円前後で組もうと考えていました。

そしていざ家を建てる際に、やっぱり床暖房は欲しい、お風呂もワンランク上の物にしよう、などしていると月々の支払いが8万円ほどになってしまいました。今の生活を続けていればプラス1万円ぐらいなら大丈夫と思い、契約をしました。

そして家が完成しローンを返す生活が始まりましたが、最初の1年程は特に問題なく返済できていました。

2年目になり順調に返済できていたのですが、急に私の仕事が不調気味になり収入が以前の8割ほどに落ちてしまいました。

切り詰めるところは切り詰めてのローン返済計画だった為、月々の支払いが収入を超えてしまい貯金を切り崩しながら返済しなければならないという事態に陥ってしまいました。このままではいけないと焦り、妻にもパートに出てもらいなんとかローン返済に充てることが出来るようになりました。

ローンを組む際はある程度余裕を持った計画を立てないと、急な事態に対応できなくなってしまう事を身をもって知ることになりました。

専門家に任意売却の相談をしていますが、任意売却後の残債がどうなるのか非常に不安な部分(家は売ったのに月数万円を払い続ける)があり、入念なシュミレーションをしてもらい、今後どのようにするかを決めていこうと思っています。