Archive for 3月, 2017

ホンダのCB

私は大型のホンダのCBに乗っていました。

一目惚れして惚れぬいて購入したバイクでしたが、体調を崩してしまい右足に若干の麻痺が残ってしまいました。

家族に相談したところ、バイクに乗ることを反対され、悩みに悩んでバイクを手放す事に決めました。

地元のお店に売ろうと思いましたが査定額が折り合わず、どうしても納得が出来ませんでした。

おそらく廃車なんだけどとりあえず引き取りますという感じだったからです。

私の愛したバイクを、どうせなら次のオーナーに乗ってもらいたいと思い、ネットで買取り業者を探しバイク査定(無料)をしてもらいました。

実際に見に来た業者の方は、これならまだまだ乗れると言って良い値段を付けてくれました。

仲介をしてくれた業者の方もCBが好きで、パーツもあるし、引き取り手もたくさんいると言ってくれたのがうれしかったです。

最後に「もっと、乗ってあげれば良かった」と後悔の気持ちが溢れてきましたが、このまま乗れない私の元にあるよりも、楽しげに乗り回してもらった方がバイクにとっても幸せな事だと思い、「宜しくお願いします」の一言と共にお渡ししました。

また、いつの日かバイクに乗れる日が来るのを夢見ています。

不安定な雇用、先の見えない将来、増えない給料等々、この様なサラリーマンの方は多いのではないでしょうか。

そんな中、新聞の広告やインターネットのバナー広告でサラリーマンの副業で不動産投資やアパート経営などよく見かけます。

よく投資用のワンルームマンションで利回り2~3%はよく見かけます。

こんな低金利時代に高い利回りです。これは本当なのでしょうか。確かに、短い期間での利回りはそうなるかもしれませんが、長期でみた場合その利回りは確保できるのでしょか。

ワンルームマンションの販売会社が最後までその利回りを保証することはありません。

常識的に考えてみれば分かる話なのですが、人間欲が出てしまうと冷静は判断はできません。

失敗した知り合いは何人かいますが総じて調査不足だと感じました。

なにせ営業の言う事をうのみにして、ネットツールを使えば簡単に調べられる人口予測どころか、国勢調査をもとに構成されている地域の人口割合、ワンルームを利用するような世帯があるのかどうかさえまったく自分で調べていたかったのですから。

購入した頃は新築マンションのワンルームだったので契約する人も結構いたようですが、なにぶん学生が少なすぎる地域で、何年かすると空き部屋が続き、結局売ってしまいました。

しっかりと調査し、リスクマネジメントを行い成功者に学ぶマインドを持つ。まず、そこからだと思います。