父の勤めている会社では、建設関係の技術者がたくさんいて各企業の現場に週単位で短期間出向する事がよくあるそうです。

先週偶然ですが、父の会社の人が売りの勤め先の新しい営業所の現場に来ていて昼食をご一緒しました。

その時に、「この会社の現場の事務所の鍵なんだけど、ナンバーロックの番号を教えられて勝手に入って待機できるのはいいけど、出向する人全員にロック番号を教えていたら防犯上まずくないかい?」と言われました。

確かにそうだなと思ったのですが、その時は私も現場の方の事は分からないとだけ言って会社に戻りました。

先ほど総務の人にそのことを話したところ、「スマートロックのワンタイム番号だから大丈夫」との事でした。

私からすれば「?」という話なのですが、よくよく聞いてみるとうちの会社の仮事務所の鍵はすべてネットで遠隔操作できるスマートロックとの事で、現場にWifiが整備されていればドアの鍵の部分を本社から管理できるんだそうです。

この機能はビジネス用途向けに販売されているLockState社のスマートロックでしかできないので、それ以外の鍵はアプリで開閉できるだけだと教えてくれました。

翌日その話を父の会社の人に話すと、すごく感心した様子ですぐにネットでLockState社のセキュリティーについて調べていました。

その人も技術者なので、そういった最新の設備にはとても興味があるようでしたね。