事業をやっていると常に神経をとがらせていなければならないものとして資金繰りがあります。

会社が傾いたり倒産したりという原因のほとんどは、運営資金が一時的に不足してしまい、つなぎの融資が思うようにメインバンクからおりなかったり、経営者が焦って条件の良くない借金をしてしまう事だと言います。

条件の悪い借金を抱えてしまうと、その支払いに追われて事業内容の改善などは二の次になり、当然ながら売り上げは悪化の一途をたどります。

ついには自転車操業に陥って資金ショートという悪循環なのです。

ここ最近は、資金繰りに行き詰りそうになったら融資を当てにしないでファクタリングという方法で資金調達をする企業が増えているそうです。

会社や商店を経営した経験の無い方にはなじみのない言葉かもしれませんが、ファクタリングサービスで支払期限前の売掛金を買い取ってもらうことで現金を調達する方法の事です。

これには売掛の他に、病院の診療報酬や介護報酬などでも同様の事が可能である為、借金では無く前借りと考えると理解しやすいかと思います。

前借りですから返済する必要がなく、初めに書いたような支払いの為に追いつめられるという悪循環の元を絶ってつなぎの資金を手に入れることができるのです。