Archive for the ‘ インターネット ’ Category

WEBセミナー

セミナー動画の一番いいところは出かけなくても自宅にて受講することができることで、外出できない事情がある人でも知りたい情報が得られることです。

家で受講できるので、リラックスして取りくめる、実際に教室に通うよりも安価な講座が多いのもいいところだと思います。

私が実際に受講したのはVectorworksというソフトを使い始めたころにソフト会社のWEB無料セミナーで学習をしました。

これはシステムをインストールしなければならないことと事前に予約が必要で決まった時間にパソコンの前にいなければならない参加方法でしたが、実際にパソコンでソフトの作業画面を見ながらリアルタイムで講師の方が説明して下さるので市販のテキストを買って勉強するだけよりも非常にわかりやすかったです。

私は早くソフトを修得したい思いがありましたから、テキストで自分だけで進めるとだらだらしがちなのが時間が決まっている分、その間は学習しなければならず理解しようと努力するので修得への時間が早く済んだと思います。あと最新バージョンの情報も得られること、リアルタイム配信なのでその場で質問ができるのもメリットだと思いました。

今興味を持っているのはハウジングエージェンシーのステップアップ講座(Eラーニング)ですがインテリア関連の講座を自宅で視聴できるものです。

これはリアルタイムではなく動画を見るだけだと思いますが、自分の興味のある内容だけセレクトできるし、同じ講座をリアルで受けようとすると自宅より遠い場所まで出かけていかねばならない為、時間と電車賃がかかることことを考えればこういうのもアリかと思っています。

サーチエンジン

サーチエンジンと言えば今やGoogleがその市場を独占状態と言っても過言ではありません。

私は自分のブログにアクセス解析を設置しているのですが、知人からの紹介リンクやSNSのシェア以外ではgoogleからのアクセスがほとんどです。
bingはマイクロソフトという世界最大のIT企業のサーチエンジンですが、そこからのアクセスすらほとんどありません。

SNSからバズってとんでもないアクセスが来る以外は基本google様から来ていただいているユーザーという事は、やはりSEOというのはいかにgoogleを制するのかにかかっているんだなと思います。

ここ最近、やたらと同じキーワードでのアクセスが多いと思ってよくよく調べてみると、私のページが上位に表示されるようなあるワードがキーワードサジェストの一番上に来ているではないですか。

サジェストとは、検索窓に二三語入力するとこれから入力しようとしている単語がリストで表示されるあれですが、これがここ1年ですごく賢くなって、ほとんどの検索はサジェストキーワードから選べば済んでしまうようになりました。

それで、たまたまサジェストリストの上にある組み合わせで私の運営しているあるブログのページが1ページ目に表示されていたのです。

けしてビッグキーワードと言われるもので無かっただけに、こういった当初の予測とは違うイレギュラーなアクセスを予めコントロールできたらすごいSEOの技術になるのではないかと思いました。

Web制作の今

知人が経営しているある地方企業のホームページの話なのですが、一応そこの社長である知人はかなりの新し物好きで自らIT担当を自称していました。

およそ12年くらい前、会社を立ち上げた当時からです。

その会社は職人系の仕事なので、今でのネットに詳しいのは社長という従業員10人ほどの工房なのですが、この「新し物好き」がたたって昨年末まで収拾がつかない事になっていました。

ネットのはやりものを社長が片っ端から使うので、ホームページブームの時は自分で作ったヨレヨレのHTMLサイト、ブログブームの時は有名どころのブログアカウントを複数、mixi、ツイッター、フェイスブックと会社のアカウントが作られては放置され、言った従妹を見ていれば現在の情報をチェックできるのかユーザーが全く負えない状況だったのです。

そこで、私も「ここはプロの制作会社に必要なアカウントを統合してもらった方が良い」とアドバイスしました。

東京でWebデザインや制作を提供している会社で、そういったメディアにも詳しい業者に「このアカウントとこのアカウントは生かして、これは廃止、オフィシャルホームページに統一して表示させましょう。」というような運用面でのユーザーのフローを組み立て直してもらったのです。

これが功を奏して、ネットでのフォロー数は順調に伸び、web経由での仕事の成立が増えてきたそうです。

MDメディア

ほんの10年数年前までカセットに替わるメディアとしてMDがもてはやされていましたが、CDRメディアが100円を切り、レコーダーがパソコンの標準装備になってからはあっという間にその存在が薄れていきました。

私も、音楽をやっていて自分の演奏をデジタル録音できるという事でMDに飛びついたのですが、これが今になって聞けないという事態に陥りました。

今年の夏にMDプレイヤーを持っている友人に、1本だけCD録音し直してもらったのですが、この録音で重大なことがわかりました。

1本のカセットに20曲を入れていたのですが、そのトラックを認識しないのです。

つまり、合計70分なら70分の曲が1本といった具合です。

CDでこれを聞くと、後半の曲を聞くにはずっと早送りをしなくてはいけませんでした。

この方法はダメだなと思い、ねっとでいい方法は無いか探していると、70分の曲を音楽ソフトで20曲に切りなおして焼き直すという方法と、安い業者にデジタルダビングしてもらうという2種類の方法でした。

前者の場合、一度70分アナログ録音してさらにソフトで切り分けて、CDに焼くという作業の為かなり大変です。

結局、MDをCDに焼いてくれる業者に1本480円で依頼するのが一番早くて費用も安いことがわかり、自分でダビングをするのをあきらめました。

IT戦略

IT戦略と言っても、誰もが知る有名企業の広告戦略の事ではなくて、「ネットで何かを売ってみようか」と思った個人がネットショップを開業するだけでも、IT特有の戦略知識を知っているか知らないかでは雲泥の差が生まれると言われています。

インターネットの場合、始めからWWWという特殊な世界の中で商売を始める状況ですから、今までリアルビジネスの経験がある人でもなにから手を付けたらよいのかわからない事が多いのです。

下手をすれば、リアルビジネスで成功した人ほど無駄な広告に大金をつぎ込んだり、集客力もないネットモールにころりと騙されて売り上げの上前をはねられる状況になってしまうかもしれません。

私はネットマーケティングの専門会社の方と先日お話しする機会があったのですが、今のIT戦略は「インバウンドマーケティング」という、顧客を誘導する戦略が最も効果を上げていると聞きました。

ツイッターでもブログでも、何でも良いのですが、顧客の目に触れる所では商品やサービスを押し売りせずに、顧客を誘導しながら育てて自発的に商品の購入する見込み客を作り出すという方法です。

顧客本人からすれば、自分の意志で必要だから注文したのですが、実はその工程に至るまでにプロの巧みな戦略によってサービスへ誘導されているというお話でした。

よく企業の社長が、自分の商売と一見関係の無いようなブログを書いていたりしますが、何時の間にはファンになってその会社の商品を購入していたという事で思い当たるなと気が付きました。

ブログが重い…

このブログとは別にYOUTUBEのまとめ投稿ブログをやっているのですが、そちらが1日1000PVくらいになってからやたらとレスポンスが悪くて、エラー画面になったりするようになりました。

安いサーバーなので文句も言えないなと思っていたのですが、同じ価格帯で同じジャンルのブログをしている友人が別のサーバーでかなりサクサクとアクセスできるのなっとくが行かないと思い始めたこの頃、WordPressレンタルサーバー比較というサイト(themegraphyというテーマ紹介サイトの位置コンテンツ)で友人の借りているところと自分が借りているところで、リクエストのレスポンスを計測したベンチマーク結果がまるで違っていることを知りました。

つまり、簡単に言えば私の借りているサーバーはWordPressの動作が遅いという事です。

もちろんすぐに借り換えようと思いましたが、ホスティングサービスのサブドメインを使用していたためにすぐには移動できず、ドメインを取ってサーバーを借り直し、更にhtaccessでリダイレクトをかけ、両方のサーバーを借りながらリンクジュースの移動を待つというかなりコストに無駄が出る方法を取らなくてはいけなくなりました。

まあ、リダイレクトをしているので今までのユーザーは快適になったと重ので、それはよしとしておこうかと思います。