Archive for the ‘ ファッション ’ Category

大人系で可愛い服といえばモデルの武藤静香さんのファッションブランドRadyここで一回買うともう他では買えないほどです。

着心地も良くて、おしゃれな服が多く、シンプルなところも大好きなファッションです。
豊富にいろいろあって、アクセから小物まで見てしまいます。

ふわふわ感もあり女性の好きなファッション勢ぞろいです。

新作も見逃せません。

ワクワクしながら選ぶのも楽しみの一つです。

この春一押しのデニムワンピ購入しましたが、すごく着やすくてコスパよくて満足です。
ワンピと一緒にカバンも選びましたが、ブルーの色が綺麗でちょー便利です。

通勤に使っていますが、何の洋服にも合い優れものです。

パンツも履くだけでスリム維持できて、モデル体型にも負けないほどです。

Radyの店舗より公式通販の方が品ぞろえが豊富なので、ジャストサイズ狙いのアイテムでない限りは通販で買っています。

通販で帽子もキャスケット購入しましたが、サイズ表記も正確で、巻き髪とぴったり合って外出の時ルンルン気分で出かけています。

友人にも勧めるとすごく気に入ってもらえてもっとフアッションのことを語り合うようになりました。

これからも、ファッションブランドRady愛用していきたいと思います。

新規オープンの美容室

私は髪を切りたい、パーマをかけたいと思ったときはまず、地元のフリーペーパーを見て美容院を探します。

新規のお客さまように、いくらかのクーポンが付いている場合もあります。新しくできた美容院を知ることも出来、フリーペーパーはとても重宝しています。

最近編み出した裏技としては、新規オープンのお店だとキャンペーンで安くなっているのです。

先日もネットで当たらいく出来た吉川市内の美容院を見つけて、新規キャンペーン価格でカットしてもらえました。

美容院の雰囲気と言うのはスタッフ同士の関係の良さで決まるのではないかと思います。
仲がよさそうかどうかすぐに分かります。スタッフのお客さんへの対応とはまた違ったものがあります。

自分が希望していたように出来上がるかどうかも、勿論そのあと、その美容院に通うことになるかどうかの基準となります。

まずどのような感じがお好みなのか、という話から、沢山のヘアカタログを持ってきて下さり、始めるまでにすごく時間をかけてくれた美容師さんもいらっいゃいました。

時間がかかりすぎて申し訳なく思ったことを思い出します。出来るだけお客様に寄り添ってという気持ちが伝わり嬉しくなりました。

パーマには大変時間がかかりますので、待ち時間に度々声をかけてくれ、飲み物のサービスがあったりすることも高評価です。

新しいお客さんを獲得し、継続して来てもらうようにするには何より思いやりの心が大切なのかと思います。

ヤボったいファッション

先日ちょっとした同世代の食う誘導氏の集まりがあった時、私の服装について同級生の一人が「ちょっとヤボったいねえ」と言いました。

すると、周りにいた友人も「うん、自分もそう思っていた。」というのです。

最近社会人になって仕事関係で飲み歩くこと張っても、気心の知れた友人達とは久しぶりだったので、普段言われないような事を指摘されるという事に驚きました。

しかし、友人に亜アパレル系の仕事をしている者が数人いるので、これを機会にファッションをオシャレにしてみようと「どの辺が野暮ったいかな?」と聞いてみる事に。

基本的に私は痩せ形なのに、全体的にフリーサイズというか、オーバーサイズの物を適当に来ているので体型が貧弱なのがよけいに目立つようです。

スリムならスリムなりにジャストサイズで清潔感のある服の方が見た目もいい市頭もよく見えるとの事。

早速帰ってから、20代から30代向けのメンズファッションの通販を探して、全身揃えても1万円前後で買えるイケメンの選ぶファッションサイトというのを参考に注文をしてみました。

サイズもサイトにある測り方通りにぴったりの物を注文したところ、今まで私の来ていた服は本当に大きくてダボダボとだらしないものであることが理解できました。

ヘアーカラー

はじめての美容室に行って、「あ、ここにしよう」と思うきっかけというのがありますが、私の場合カット技術でもおしゃれさ(もちろん重要ですが)でもなく「ヘアカラーの色具合」です。

黒ではなく、うっすら紅茶色を入れてもらったり、微妙なニュアンスの明るい色が下品にならない、ヤンキーみたいにならないで、欧米人のような自然な明るい色に調整してくれるところというのはなかなかないのです。

これだと、ビジネスでスーツ姿でも「ケバい」感じになりませんし、「元から色が薄い人なのかな?」と思われたことも多々あります。

その点、さすがファッションの中心地、渋谷の美容室は分かっているというか、ハズレがありません。

特にサロンドミルクという美容室は、モデルさんのヘアメイクをしている人がカラーを入れてくれますので、雑誌で見るようなクリーミーな絶妙の色を出してくれます。

うっかり長期出張で手入れが出来ないと、その土地の美容室で済ませてしまう事がありますが、その時にはっきりと違いを感じて帰ってきます。

そういう意味で、髪の色にこだわりを持ってしまうとなかなか、お気に入りのサロンが見つからなくて苦労してしまいます。

XLARGE

社会人になってからあまり滑らなくなったのですが、私はSK8(スケートボード)が趣味で学生の頃は、スケーターが集まる公園とその裏のストリートで毎日のように滑っていました。

この頃、運動不足だなぁと思ってランニングを始めたのですが、自宅の裏の土手沿いのコースを走っているとところどころにとんでもなく攻め甲斐のありそうなコンクリートのバンクやカーブが目につきました。

草に隠れていてサイクリングロードからは見えませんが、ランニングをしている土手の上からはよくわかります。

しかも、誰も使っていません。

「サラリーマンだからな」と、しばらくの間はその場所を横目に見ながら我慢していましたが、ある日倉庫からenjoyのボードを引っ張り出して滑りに行きました。

ランニングついでなので、ウェアを着ていましたが、久々のスケートで何度かまくれて(転びそうになって)しまいました。

ちょっと考えて、今着ているランニングウェアに穴が開いたら厳しいなと思い、ネットで厚手のパーカーとシューズを購入する事に。

ヤフーストアを一通り見たら7-sevenというストリートウェアのショップがよさそうです。

XLARGEの厚ぼったいパーカーは若干大きめのサイズを選びます。
フードが頭部の保護にもなるし、腕の部分が長めで手のひらを保護する事が出来ます。

シューズは、直ぐボロになるのでセールになっている物からサイズの合うものをチョイス。

あとは、あの隠れスポットへ行く事を夢見て届くのを待っていますが、こういうワクワク感は久々なので不思議な感覚です。

ウィッグでロングヘアーに

新垣結衣ちゃんやモデルの本田翼ちゃんにあこがれて、ショートヘアにしたのは良いものの芸能人の小さなお顔やカッコいいスタイルを持ち合わせてはいなかったために「超後悔」している女性が多いと聞きます。

はい。私の姉がそれで今月大騒ぎしておりました。

私は、髪をロングウェーブからショートにすると言っていた段階で「ああ、似合わないな。」とは思っていたのですが、これをそのまま姉に行っても逆にひどい言葉を浴びせられるとわかっていたので黙っておりました。

それでいま大騒ぎです。

私は、だいぶ言葉を選んでやんわりとこう言いました。

「ショートが似合うのは、もともと少年風の顔立ちでスタイルもそんなに女性らしくない感じの人だよね。姉貴は女性らしい感じなので違和感があるんじゃないの?」

そういうと、姉の顔はパッと明るくなり、私の差し出した激安ウィッグ専門店のページを熱心に見ておりました。

結局もとの髪に近いロングウェーブウィッグを購入したようです。

というか、ネットのウイッグ専門店なら数千円でショートのウィッグがあるので、きる前に買ってつけてみればよかったのに…と思いました。