Archive for the ‘ 健康 ’ Category

整体へ

10月の中旬あたりから気温がぐっと下がってきたこともあり、体調には注意をしていますが、冷え込むと首から腰にかけてじわじわとコリが広がっていきます。

運動不足という事もあるのでしょうが、この時期は二時間も座っていると腰痛が出始めて立ち上がってストレッチをしたりします。

今年はその痛みが特にひどく、素人が手で触っても判るくらいガチガチなのでこれは何とかしなくてはと思いました。

昼休みにスマホで横浜市の整体を探して、できれば通勤路線近くがいいなと。

瀬谷区付近でをいくつか候補に挙げて、最終的に腰痛のプロがいるというあくわ整体院に電話してみることにしました。

場所は最寄バス停のすぐ近くなので帰りに寄れそうです。

ネットを見るとかなり混んでいるようでしたが、運よくその日は19時で予約を取る事が出来ました。

私は今までリラクリゼーションマッサージや、海外旅行の際にアジア式整体を少ししてもらったことがある程度でしたが、本格的に治療と称して施術をしてもらうのは初めての事でした。

首肩に関しては初回でいきなり効果が表れてとても軽くなり、腰についてはじっくりと治療をしてきましょうと言う事になりましたが、出始めていた鈍い痛みがすぐに軽くなったのを感じました。

今年の春にレーシックを受けて長年の眼鏡生活からオサラバしようと計画しています。

ただ、やっぱり目をいじるのは怖いという気持ちと、レーシック費用の問題があり、なかなかカウンセリングまで踏み出せない自分が居ます。

ネットでレーシック費用を比較しているサイトを見つけて、おおよそ15万円から25万円の範囲で収まることは分かりました。

友人が50万円くらいかかったと言っていたのですが、何年も前の事ですので技術の進歩でコストが下がったのでしょう。

20万円前後の費用ならすぐに受けることもできると思いました。

価格の他に重要なのはアフターケアであると思いますので、その点はまず病院の方針を確認しつつ、実際にレーシックを受けた人の体験談を細かくチェックしました。

手術までの流れの他に術後最低3か月は記録がある方が良いと思い、口コミサイトの他に個人ブログもチェックしています。

手術は多くの人が書いている通り、片目ほんの数分、全工程で1時間もかからないようです。

目に直接触れずに角膜にエキシマレーザーという光を当てるという術式も恐怖感を和らげてくれます。

ここまで来たらあとはカウンセリングを受けに行くだけですので、来週は思い切って病院に予約を入れてみようと思います。

気になる身体の部分と言えば私の場合はぽっこりお腹です。

春頃から何とかお腹をへこませようと腹筋をしていますが、半年以上経過してお腹の上の部分はかなり引き締まったのですが、下の部分は変わらず、虫と上の部分が引き締まった分ぽっこり具合が目立つようになったかもしれません(T_T)

ダイエットの為に継続してここまで長く続けたことは無かったのでショックは大きかったです。

そこで私は根本的にやることを間違っているのではないかと思いはじめ、ぽっこりお腹 ダイエット について自分なりに調べ直してみました。

すると、お腹が出る原因というのは数種類あり、どうも私の場合皮下脂肪が原因ではない様なのです。

そこでもっとも私の年齢に多いと言われる内臓下垂(ないぞうかすい)を疑ってみました。

筋力の低下で内臓が下に下がってきてしまう症状のようで、これだと腹筋などの外部の筋肉を鍛えてもぽっこり部分にはあまり意味はなく、根本的なインナーマッスルを鍛えて内臓を引き上げるようなエクササイズが必要という事でした。

少なくとも来年の夏にはこのお腹が気にならなくなっているといいなという願いを込めて、早速ネットで体感トレーニングの動画を見ながら、新しいエクササイズを始めています。

接触事故

今年は歳のはじめから不運な事が多く、繁華街で黄色信号の為自転車を歩道ぎりぎりで止めたところ、なんと右折車が私の前輪にヒットしてきました。

私は反動で転倒して縁石に背中を打ち、救急車が到着する頃には自力で歩けたのですが、念のためにという事でそのまま病院へ行きました。

相手が50代のマダムで自分の置かれた立場が理解できないらしく、謝罪もしないし何も手配してくれない為、私も自分の保険会社と連絡をとり、保険会社の弁護士オプションで法的な処理する事にしました。

問題は背中を打ったことによる後遺症です。

病院の先生には、骨の異常はないお言う事で湿布薬や痛みどめを処方されて、いわゆる対症療法でしたが、硬から首のあたりに違和感があるので診断書をもらって水戸の接骨院で交通事故治療を受ける事にしました。

もちろん全て保険会社が費用を持ってくれますが、毎週接骨院に通うのも結構大変で、でも、行けば症状がだいぶ楽になるのでサボる気にもなれず、3か月間通いました。

病院ではCTやレントゲンで異常なしとなると、薬の処方以外の処理はありませんが、やはりプロのマッサージ師の先生に施術してもらうと鈍痛というか、違和感が治っていくのがよくわかります。

人間の体というのは人間の手業で治っていくのだなと、妙なところに感心した一件でした。

スーパーフード キヌア

以前栄養士の友人にダイエットの相談をしたとき、私がその時に行っていたこんにゃくダイエットについて、「あくまでこんにゃくは空腹時に無駄なおやつを食べないようにする気休めだよ。それだけ食べてたら絶食してるのと同じだから身体を壊すからやめなさい。」と言われました。

確かに、わたしはダイエットと言えば食べるものを全部こんにゃくとか春雨に変えてひたすら我慢する事だと思っていました。

しかし、それはまさに身体を栄養不足状態にしてしまう行為で、通常の食事を摂取すれば必ずリバウンドしてしまう誤った痩身方法なのだとの事。

理想は、栄養はそのままで摂取カロリーを減らす事。

そして有酸素運動で平常時の消費カロリー(基礎代謝)を上げる事。

それを半年から1年継続しても健康に支障をきたさない事。

この3つが達成できれば、至極健康的に体脂肪を減らし、プロポーションを保つことができるのだそうです。

では栄養をどうすれば理想的なのかについて聞くと、NASAも注目している「キヌア」をダイエット食とすることを進められました。

キヌアはモロコシやキビ、アワやヒエなどの雑穀に分類される作物で、人間にとって必要な全ての栄養素を1つの食材で摂取できる完全に近い食材で、GI値(低いほど太りにくい)が白米の半分以下と言うまさにスーパーフードなのです。

このキヌアダイエットをはじめて2か月目、まだ夏までは3か月弱ありますので、今年のダイエットは良い結果を出せそうです。

ストレッチ

子供の頃、運動部で練習前にストレッチをかなり念入りにやらされていたのですが、その時は「どうしてこんな緩い動きを延々と続けなくちゃいけないんだろう。時間の無駄だなぁ。」と思っていてよく手を抜いていました。

まあ、小中学生の場合、ほぼすべて新品の身体ですから、準備運動などしなくてもトップギアの運動についていけるという事もあったのでしょう。

しかし、進学して本格的にスポーツを始めるとストレッチの重要性が次第に分かってきます。

そして社会人生活の方が長くなり、加齢を実感し始めた頃、ちょっとした柔軟体操だけでも節々が悲鳴を上げ、息を切らしてしまう自分に気が付きました。

そんな折に、マイカーのタイヤを交換しようと軽自動車のタイヤをベランダから玄関に運んだ時に、今まで味わったことの無いような痛みが背中に走りました。

やがてそれが腰の痛みだと気が付きました。

そこからはあっという間に腰痛が慢性化して、窓を開けるのも怖いほどでした。

兄から綱島に腰痛ストレッチの先生がいるから、診てもらってきなよと言われて、渋々通ったのですがこれが効果覿面でした。

まず長年の運動不足で歪みまくった身体を整えてもらい、プロによるストレッチを受けました。

驚くほど身体が軽くなり、屈むと鈍痛が走っていた腰の部分に危険な痛みの兆候が無くなっていました。

その後は、加圧トレーニングや定期的な運動をして、体調を整えていくと、ご飯もおいしく日々健康になっていくのが楽しみになっていきました。