デイトレードをする時に大事になってくるのは、出来高が高いということです。

出来高が少ないと売りたい場所で売ることも出来ないし、買いたい時に買うことも出来ません。

まずは、出来高の高い銘柄からランクインしておき、さらに選ぶべき銘柄は、動きの高い銘柄を選ぶことです。

デイトレードの場合は、1か月後半年後の株価の状況は、全く関係ありません。

その場合には必要な情報は、一日にどれだけの値動きの上限、下限があるかということです。

その他にも、寄り付きの情報での一日の動きの傾向など、出来高が高いということと値動きの幅が分かると言うことで、買うべき場所がわかるということです。

もちろんのことですが、机に張り付いてその時の値動きを見ないことには、絶対に利益を出すことは出来ません。

一つに絞る必要はありませんが、ある程度の銘柄を絞ることは大切にあります。

4000も5000もある銘柄の全てを見るのは、確実に不可能ですので、銘柄を絞っていくのは当たり前のことなのです。

明日上がる株の情報をUPしている投資情報サイトなどを参考にすると良いでしょう。

絞った銘柄にしっくりくる時は、利益を出すことができますが、どうしても利益が出ないこともあるものです。

確実だと思っていて6割~8割程度の利益です。

完全に自分の考えと一致して、初めてデイトレードの成功があると思われます。