仙台市内で会社を設立した知人の会社が、この春一気に従業員を増やして規模を拡大しました。

私は実家が商売をやっており、資金と事業規模については見誤らない自信があったのです。

しかし新興の製造業として、仙台のローカルテレビ番組にも取り上げられ、震災後に仙台で始まったベンチャー企業の一つとして注目されていましたが、短期間でよくその資金の目途が付いたなと驚いていました。

丁度先週末に、その知人と飲む機会があったのですが、その資金の余裕は助成金を受給できたからという事がわかりました。

地域再生中小企業創業助成金というもので、創業経費の一部や従業員一人あたりに対して支払われるというもの。

仙台で会社設立を専門としているコンサルティンググループに会社の設立をお願いした時に。助成金や融資についてのサポートをしてもらったところ、初年度の経費を大幅に補助してもらえたため、短期間で事業を拡大することに成功したそうです。

今では、小さいですが作業場兼工場を仙南地区、亘理、岩沼に事業所を設けて雇用を促進する計画の為、その地域も歓迎のムードという事もあり、かなり安い料金でテナントを借りる事が出来るようなはなしになっているそうです。